ANNA MARIA JOPEK IN BLUE NOTE

I can't wait to enter this historic club, the Blue Note of Tokyo, where so many of my mentors and friends have already performed. Quite frankly - it has been a dream for years, finally coming true.

It's such afabulous feeling to receive your generous invitation to Japan! The place so far from my home yet so close to my heart. I was there once, back in 2005, devouring the intensive beauty of your country with all my senses. I've been missing these distant Islands ever since.

I immediately realized back then that it was the country of all the values that I praised, values centuries old, yet still vivid, important. Respect for the other human being, for the enviroment and traditions; love of the subtle, elegant order. The courage and pride of being different. One of a kind. That's what I appreciate most in Japan.

Amazing, that people of Japan manage to somehow give each other so much of this sacred space, when there is so little room around. Being constantly harrassed, touched, pushed everywhere else in the world - I feel safe while in your country. It seems to be a matter of dignity and respect.

In the history and art of my continent Art Nouveau has always been a personal favorite of mine. That's when we borrowed most from the aesthetics of the Far East. Therefore it's not a surprise, that when I am in Japan I constantly marvel over the sheer beauty of each of your signs/letters , your unique old buildings, the gentle charm of your blooming trees. I keep some Basho Haikus always at hand. Yes, I am probably a little old fashioned. Still - the Shinkansen journey becomes an equal thrill each time! And Sushi - oh my, it became an addiction. Nothing in the whole wide world beats Japanese cuisine!

While in Kioto once - I also walked on this amazing, "singing" floor of one of the palaces. From that day it's been my dream, it became almost an obsession - maybe this floor and I should sing a duet?

Anna Maria Jopek

ブルーノート東京という、私が尊敬するアーティストたちや友人たちが演奏してきた歴史あるクラブに、自分が足を踏み入れる瞬間を心待ちにしています。数年間願い続けた夢がやっと叶うのですから。

日本から温かなオファーをいただいてとても嬉しいです!私の住む町から遠く離れているけれど、日本はとても身近に感じられるのです。2005年に日本に行った時は、五感をフル回転して日本の徹底した美しさを吸収しようとしたほど。それ以来、この遠く離れた島国が恋しくてなりません。

日本には何百年も昔のものが今でも良い状態で残って重宝されていますよね。そこに、自分の価値観と通ずるものを見出したのです。お年寄り、環境や伝統を敬う心、繊細さとエレガントな規律への愛情、他とは異なるものであるための努力とプライド、唯一無二を目指すこと。これらこそ、日本が持つ素晴らしさだと思います。

また日本の皆さんが、とても小さな聖なる国で、それぞれの居場所と距離感を保っていることには驚きを感じます。世界中で大変な思いをすることも多い私も、日本にいる間は本当に安心できるのです。きっと、日本人のもつ品格と他者に対する尊敬の念によるものなのでしょうね。

私の故郷であるヨーロッパの歴史と美術の中でも、私が昔から一番好きなのがアール・ヌーヴォーです。そのほとんどはもともと極東から影響を受けた美学的思想なのです。ということは私が日本に来る度に、日本の印や文字、変わった古い建物や花を咲かせた木々の可憐さの中に見る純粋な美しさに、常に心を奪われてしまうのも頷けます。私は常に芭蕉の俳句をいくつか持ち歩いています。ええ、ちょっと古臭いと感じるでしょうね。それでも、このお陰で新幹線の旅はいつもウキウキできるのです!そしてお寿司…。これはもう中毒と言えるでしょう。この広い世界のどこを探しても、和食に勝る料理はありません!

以前京都を訪ね時に、ある寺院で見事な“歌う”床の上を歩いたことがあります。あの日から私の頭から離れないひとつの夢…それは、あの床と私とでデュエットが出来ないかしら?ということなのですが、いかがでしょう?

アナ・マリア・ヨペック



Tour schedule :: Info in Japanese


(c) ANNA MARIA JOPEK MUSIC