Anna Maria Jopek

アンナ・マリア・ヨペック

デビュー以来、常に様々な音楽性を追求し、絶大な人気を誇る実力派シンガー。
父親がマゾフシェ舞踏団の花形ソリスト、母親も同楽団のダンサー兼歌手という音楽家一家に生まれ育つ。幼少の頃より、ショパン、ラヴェル、バッハ、モーツアルトをこよなく愛した彼女は、伝統あるショパン音楽アカデミーで17年間クラシックピアノを学ぶ。卒業後に渡米、ニューヨークにある名門マンハッタン音楽院のジャズクラスで経験を積む。

1997年秋、アルバム『Ale jestem』でデビュー。このアルバムが瞬く間にゴールドディスクを獲得。その後も、ヒット作を多く発表。国外の音楽家との共演も多く、なかでも 2002年にリリースされたパット・メセニーとの共演アルバム『Upojenie』は、ポーランドのアルバム総合チャートで7週連続1位を獲得するという快挙を成し遂げている。これまでにゴールドディスク賞やプラチナディスク賞など多数受賞。

日本には、2005年の愛知万博で初来日し、歌声を披露。その後も、アルバム『Haiku』制作にあたっては音楽を追求するために九州まで赴き、東日本大震災後は歌での支援を積極的に行うなど、これまで何度も来日している親日家。

2014年は「V4+日本」交流年親善大使に就任。仙台および気仙沼での被災者支援コンサート出演や、松下奈緒ら各国の親善大使との共演など、精力的に活動。

2015年には、芸術分野での実績とポーランド音楽の国外普及活動が高く評価され、ポーランド大統領よりポーランド復興勲章が贈られる。

現在もアーティストとして第一線で活躍しており、近年ではアルバム『Minione』(2017年)や『Ulotne』(2018年)をリリースし、好評を博す。

幼少の頃に抱いた日本への憧れは強く、現在では毎年のように来日公演を続けながら、日本語訳の付いた作品もリリースしている(2014年『Haiku/俳句』、2019年『Ulotne/幻想』)。

日本・ポーランド国交樹立100周年にあたる2019年は、ポーランドと日本の懸け橋として益々の活躍が期待されている。